ペンダントチェーン18KGFへの変更

¥ 650

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

※12,000円以上のご注文で送料が無料になります。

+650円でペンダントのチェーンを18KGF(ゴールドフィルド)へ変更いたします。

こちらは、ストーンのペンダントを購入くださった方が、GFチェーンに変更される場合専用のページになります。
チェーンのみのご購入はお控え下さい。

また、18KGF 45cm (イエローゴールド) のチェーンには、デザインに種類がございます。
ご選択を希望の方は、種類より★選択希望★となっているものを選んで下さい。
在庫の写真をメッセージさせていただきます。

※只今の在庫
☆18K RGF (ローズゴールド) チューリップ 約4mm×60㎝
☆18K RGF (ローズゴールド) リンクチェーン 約4mm×50㎝
☆18KGF (イエローゴールド刻印入り) 約45cm、約70㎝
☆18KWGF (ホワイトゴールド刻印入り) 約50㎝

※長さやサイズ感は、着用写真をご参照下さい。
 
GFとは?
製造方法は様々ですが、一般的にはゴールドの層を高熱と圧力で素材(真鍮等)に圧着したもので、 圧着した「金の層の重量」が「素材を含む総重量」の1/20以上(5%以上)の場合、 ゴールドフィルド(金張り)と呼びます。

色仕上げを目的としたGP(ゴールドメッキ)は、一般的に層の厚さが1ミクロン以下ですが、GF(金張り)の場合は、金メッキの約20~30倍程度の厚さがあります。

GPの場合、使用中に衣服との摩擦などで3ヶ月~1年程度でメッキ層が摩耗してしまいますが、 GFはGPよりもはるかに厚い層で作られている為、 長期間使用した場合でも剥げてくることは殆どありません。

GPでも1ミクロン以上の厚さにすることは可能ですが、その場合は光沢を出すため下地に ニッケルメッキが施されることが多く、金メッキ層が剥がれてくると下地のニッケルが露出し金属アレルギーの原因になることがあります。

GFの場合は金メッキよりはるかに厚い層の為、表面が剥がれて下地の金属が露出することが殆どありません。
また、ニッケルも使用しておりません。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する